使えるレシピバナー

カルボナーラ

ベーコンを炒めてソースと合し、茹であがったパスタを 絡める、簡単でおいしいカルボナーラの作り方(レシピ)です。
失敗しないカルボナーラを作るポイントとしてあげると、卵は80℃ぐらいで固まるので、 それ以上フライパンの中のソースの温度を上げないよう火を消して温度が上がらないようにするといいですよ。 カルボナーラはパスタにのっている黒こしょうが炭のように見えるので炭焼き夫風とかいいますが、 秘密結社カルボナーラ党の人が食べていたという説や、 戦後、食糧難のイタリアに駐留に来たアメリカ兵が、持参した卵と肉で「これで、パスタを作ってくれ!」と 頼んでできた説など諸説あります。
日本ではソースに生クリームを加えて作りますが、本場、イタリアローマでは生クリームを使わず、作ったりします。 ちなみに、日本では生クリームを使かわないカルボナーラのことをローマ風カルボナーラといいます。 また、本来はベーコンではなくパンチェッタと言う豚肉を塩漬けしたものを使ったりします。
時代の変遷で食卓に上がる食材も変化し、素朴なカルボナーラが卵を得、さらに、時代が贅沢になり 生クリームを手に入れたという感じです。 動画やカロリーの詳細も掲載!!生クリームとベーコンの旨みがやみつきになるカルボナーラレシピのご参考にどうぞ。



カルボナーラ

材料 (2人分)
スパゲティ 160g
ベーコン 60g
白ワイン 45cc
卵黄 2個
生クリーム 160cc
パルメザンチーズ 適量
黒こしょう 適量
オリーブ油 適量
適量


作り方

  1. ベーコンを拍子木切り
    ベーコンブロックを拍子木切りにする。

  2. ボウルに卵黄、生クリーム、パルメザンチーズ、黒こしょうを入れる
    ボウルに卵黄、生クリーム、パルメザンチーズ、黒こしょうを入れる。

  3. ソースの材料を合わせたものを混ぜる
    泡だて器でよく混ぜて、ソースの材料を合わせたものを作っておく。

  4. スパゲッティを茹でる
    お湯を沸かし、塩を入れてスパゲッティを茹でる。

  5. ベーコンを炒める
    フライパンにオリーブ油を入れベーコンを加えて弱火で炒める。

  6. ソースを完成させる
    軽くこげ色がついたら油を(キッチンペーパーなどで吸わす)きり、白ワインを注ぎ 1/4ぐらいに煮詰まったら火を止め、ソースを加え軽く温めてからまた、火を止める。

  7. ソースの濃度をクリーム状のてまえぐらいの感じまで火を通す
    スパゲッティがゆであがったらソースのフライパンに入れて弱火で温め、ソースの濃度を クリーム状のてまえぐらいの感じまで火を通す。

  8. パルメザンチーズ、黒こしょうをかける
    器に盛り、パルメザンチーズ、黒こしょうをかける。

memo ・一度に大人数のカルボナーラを作る際には、
 ソースができたら、フライパンからボウルに
 移しそこに茹で上がったパスタを加えて
 あえてあげると、対応できますよ!!
・本場のカルボナーラは、ベーコンではなく
 パンチェッタという豚肉の塩漬けを使います。
・ベーコンはスライスしたものでもできますが、
 ブロックのものやパンチェスタを使うと
 より本格的なカルボナーラが味わえます。
・ベーコンブロック
 ベーコンブロック
・パンチェスタ
 パンチェスタ

準備時間
調理時間
合計調理時間
カロリー1人あたり: 883 kcal
主な調理器具フライパン、鍋
作者





買い物の際には、携帯にQRコードを読み下記アドレスに アクセスしていただくと携帯でカルボナーラの材料表が 見れますのでお買い物の際の確認にご利用ください。

 カルボナーラの材料表

 http://cookingforest.jp/m/m-karubo.html



カルボナーラのカロリー詳細(1人あたり)

食品名グラム(g)カロリー(kcal)
スパゲッティ(乾)70265
ベーコン ※130122
卵黄2077
生クリーム(乳脂肪) ※270303
白ワイン2015
パルメザンチーズ1048
黒こしょう 粉27
オリーブ油546
20
合 計230883
※1ベーコンをショルダーベーコンにかえると、66カロリー減になります。
※2生クリームなしで作ることもできます。
  →ローマ風カルボナーラ


おいしいカルボナーラのレシピをA4サイズ印刷~♪
    印刷用レシピ



動画-カルボナーラの作り方





pagetop